トップ

中学校と高校と成績

学校を卒業した後の未来

学校と高校の教育情報

  • 自分に合う学習方法
  • 自分にあった学校選び
  • 新着情報

    将来を見据えた学校選び 

    中学校を卒業した生徒は、ほとんどが高校へ進学しますが、科によって違いがあります。普通科が圧倒的に多いのですが、自分の将来を考えて、商業科や、工業、看護科に進む道もあります。高校を卒業した後に、大学へ進学したい人は迷わずに普通科、できればよりレベルの高いところへ進むべきです。授業内容が違いますし、先生のレベルも違います。自分を高めてくれるライバルに出会えることもあります。大学受験のためのは、ある程度は自分で勉強したり、塾へかやったりすることも必要ですが、学校の授業が基本になることに変わりはありません。

    高校で見受けられること 

    高校は学校教育の中でも義務教育ではないので、自分のレベルに合わせて選ぶことが出来ます。見受けられる特徴として、偏差値が高ければ高いほど、自由度が高くなり逆に低くなればなるほど校則が厳しく、制約が多くなります。これは、高校生の人間力の差が大きく影響しています。つまりは学校のレベルが高ければ高いほど生徒の能力も高くなるため、自主性に任せることが出来るのですが、一方で偏差値が低いと言われる場では生徒を「管理」しなければならないことが多いのです。偏差値だけですべてが決まるわけではありませんが、一般に自由度を求めるのであれば、それ相応の成績を中学で取っておかなければならないのです。

     小学5年生くらいかな